「豆まき・ふれあいロータリデー」開催

 平成27年2月3日に、津の観音さんにて、豆まき・ふれあいロータリーデーが、津RC、津北RC、久居RC、津南RCの共催にて開催されました。
 ロータリーデーの催しは、地域のロータリークラブの存在とその活動について広く周知を図るとともに、次世代の育成の観点からの社会奉仕を図ることを目的としており、ロータリークラブの社会奉仕活動の一環として実施されたものです。今回は、津・久居地域でのロータリーデーの催しは初めてのことであり、4クラブとも手探り状態での出発で、各クラブの会長、幹事、社会奉仕委員長で何度も集まって協議を重ね、また、社会奉仕委員長のみでも集まって打ち合わせを進め、当日の開催に至りました。開催場所及び開催時期については、津観音にて例年開催されている節分鬼押さえ行事の機会を利用させていただくことが決まり、これを前提にどのような催しをするかが話し合われました。テントを設置してパネルを展示する所までは早い段階できまりましたが、そこにどうやって一般の方を誘導するかについてなかなか妙案が出ずにいました。そこで、豆まきの豆に当たりくじを入れて、ロータリーのテントでロータリークラブとしての景品をお渡しするということが決まりました。その景品としては、次世代の育成という観点から図書券やプラネタリウムの鑑賞券、さらに津の伝統的な節分のお菓子、福引せんべいをロータリーの焼印を入れてお渡しすることとなりました。
 また、次世代の育成の観点から、大川会員にもご協力をお願いし、津西幼稚園の園児の皆様による鼓笛隊の演奏や、子供豆まきの催しもお願いすることとなりました。安全性の観点からの意見もありましたが、「子供たちにも壇上から豆を撒く気持ちよさを味わってもらいたい」との気持ちから、適切な高さの柵を設け、一度に壇上に上がる人数の調整を図り、保険にも加入した上で、豆まきをお願いすることとなりました。
 当日は雨も雪も降らず、鈴鹿おろしの風はあったもののテントが飛ぶ程ではなく、おおよそ考えられる中で最もありがたい天候での開催となりました。好天に恵まれましたことに加え、もともと地元で人気のあった津観音節分鬼押さえの機会を利用させていただいたこともあり、多くの人出にも恵まれまして、大盛況の開催となりました。当たりくじの景品交換にいらっしゃる方も大勢見えまして、何名かはパネルの方にも誘導させていただくこともできました。
 
ロータリーデーの催しにご理解ご協力を賜りました津観音の皆様、大門の商店街の皆様、津西幼稚園の皆様、また、スタッフとしてご尽力くださいました津・久居地域4クラブの会員の皆様方のおかげさまをもちまして、津南クラブとしましても第1回のロータリーデーの開催として、大成功の1日であったことをご報告させていただきます。
ありがとうございました。

                      社会奉仕委員会  飯田 聡














(広報委員会;岡部宏司・小川恭平・川本 豊)

 
 

橋南中学校 職業講話

 平成26年6月16日(月)、橋南中学校に於いて、午後2時25分〜3時10分まで、2学年を対象に当クラブ会員(長谷川・境・樋口・野田・庄司・了源の各会員)が7つのカテゴリーに分かれ講話を行いました。庄司会員(弁護士)の模擬裁判は、興味深かったのですが、学生側が最初はおとなしく、なかなか活発な意見討論というところまでいかず、歯がゆい思いでした。報道機関など普段見慣れない方々が膨張していたので、緊張していたのかもしれません。
 さて、この職業講話は、
2001年10月当クラブの社会奉仕・青少年育成委員会が中心となって、橋南中学校の生徒達とともに地域環境を考える教室(阿漕浦海岸清掃・環境フォーラム)を開催しました。このことがきっかけとなり、2002年7月を第1回として、毎年クラブ会員の中から橋南中学校2年生を対象にして職業体験講話の講師を派遣を行い、2011年10月には、細川佳代子氏をお招きして10周年記念講演会も開催しました。













暑い中、講師を務めて頂きました会員の皆様、ありがとうございました。(会長 奥田邦雄、幹事 今野信太郎、青少年委員会)

(広報委員会;伊藤歳恭・川喜田 久)

ごみゼロ例会

平成26年5月25日(日)、「友愛の広場」公園清掃を午前8時より開始。37名の会員参加の下、汗を流して頂きました。また、前もって下草刈りを521日(水)、社会奉仕委員会を中心に10名の有志の方々にお集まり頂きました。この日は、当日の午前中まで雨が残り実施が危ぶまれましたが、予定時刻午後130分にはすっかり雨も上がり、絶好の草刈り日和となり、1時間程の清掃活動を行いました。早朝よりご参加頂きました会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。
 尚、ZTV、三重タイムズ、伊勢新聞、ふるさと新聞の各社より取材がありました。
                     (会長 奥田邦雄、幹事 今野信太郎、社会奉仕委員会一同)



阿漕浦海岸清掃の歴史
 1976年(昭和51年)5月、当クラブ10周年記念事業として伊勢湾海洋スポーツセンターに「友愛の庭」として植樹コーナーを寄贈し、清掃活動を毎年継続しています。活動当初は会員のみで清掃活動を行っていましたが、当時の阿漕浦海岸一帯は心ない人の捨てた空き缶やゴミが山積みされており、かつての白砂青松の面影は見るべくも無い状態になっていました。
 1980年(昭和55年)10月「とり戻せ、きれいな伊勢の海と山」をスローガンに地域住民に呼びかけ第1回阿漕浦海岸清掃を行い、1982年(昭和57年)5月30日に「ゴミゼロ運動」として地区の住人1200名ほどの参加がありました。その後、地区自治会・老人会・子供会・婦人会・ボーイスカウトなど約30団体に「広がりの輪」を作り、この奉仕事業を主催した当クラブは起爆剤としての任務を果たしたので、地区の社会福祉協議会に主催を移しました。この5月末は「ゴミゼロ」として地域の人々に受け継がれ現在に至っています。
(「津南ロータリークラブ 40年のあゆみ」より抜粋)



(広報委員会 伊藤歳恭・川喜田 久会員)

職場訪問例会

 平成25年10月29日(火)12時30分より、津卸センター協同組合で例会後、旭鍍金(中山会員)に移動して職場訪問例会を開催致しました。
 例会後、旭鍍金さんに各自で移動後、2班に分かれて工場見学と説明を受けました。
品質方針は「信頼されるものづくり」、環境方針は「地球にやさしいものづくり」

1.バレルめっき
 樽状の容器(バレル)の中に部品を入れ、その容器を回転させながらメッキを行う方法
“突册璽縫奪吋襦┐もな部品として、リレー部品・配線部品
▲丱譽觴皀瓮奪;殆どが車載関連部品

2.排水処理

3.静止メッキ工法
 ラックまたはタコと呼ばれる治具に部品を引っ掛けて、静止させたままメッキを行う方法
\纏澎 ̄凜瓮奪;住宅や車関連

4.連続メッキ工法
 コイル状に巻かれた部品を連続的にメッキ装置へ供給してメッキ処理を行う方法
.淵離奸璽廛瓮奪装置;携帯電話用コネクタ部品
            メッキ仕様;Ni-Pd-Au
            メッキ特性・特徴;厚みはナノレベルの要求をクリアする装置
Agフープ;車載用ATスイッチ
      メッキ仕様;Cu-Ag,Cu-Ag-Sn,Cu-Sn
                  メッキ特性・特徴;重量が重いので取り扱いは慎重に行って
               いる。









産廃処理
                
               (広報委員会;伊藤歳恭・川喜田 久)

橋南中学校の職業講話が始まる


 平成25年6月17日(月)午後2時30分より橋南中学校において職業講話が開催されました。今年で12回目を迎え、販売部門・奥田邦雄会長、教育保育部門・大川吉崇会員、公共部門・林 裕行会員、マスコミ部門・何川 高会員、製造部門・野田健一会員、第1次産業(畜産)部門・西井健之会員、医療福祉部門・今野信太郎会員と8部門に対し、2年生195人がそれぞれ事前に選択希望した1講座を選んで熱心に耳を傾けました。
 前もって生徒側からの質問を受けつけ回答したり、それぞれの仕事の喜びややりがい、苦労などについて講話を行いました。
 この事業については、地元紙3社、テレビ局2社によっても報道されました。

奥田会長



大川会員



林会員


何川会員


西井健之会員


野田会員










広報委員会(伊藤歳恭・川喜田 久)

| 1/14PAGES | >>